スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ山鹿へ

『自転車で山鹿へ行こう!!』
そう思いたったのが昨日。。


石田ゆうすけ氏の世界一周
石岡通孝氏による定年後の欧州横断

など

自転車での旅行記を読むうちに
何となく自分も長距離を走ってみたくなった。。

石田ゆうすけ氏の本に出会ったのは数年前であるが・・・



二日酔いの影響がなく明日も休みだし
ようやく決行する時がきた!!!

※酒を優先している時点でまだまだですが


【所持品】

財布、携帯、氷水を入れた1リットルの水筒、デジカメ



【家~植木駅】

朝8時前に出発、日差しはまだ強くない。
花園ぐらいからサイクリングロードに入った。

※サイクリングロードは山鹿までの高低が少ないと思ったため


『そういや前回はここらへんで引き返したな~。久しぶりの運動で少し疲れたけん今日は引き返して日を改めようかなーー』

スタートして間もないが
久しぶりに感じた疲労感でつい気持ちが弱くなる。。

しかし自分の弱い気持ちをリセットし
2度の水分補給をはさんで植木駅近くに到着!!

※この間坂道に耐えかねて一度だけギヤを緩めた

ueki
多分この区間で撮った1枚
上り坂の途中で、向こうには国道3号線のバイパス工事が



【植木駅~山鹿市】

植木駅のポイントを過ぎていきなり急坂になり、、
思わずギヤを大きく落とし何とか走行を継続。。

上りきった所にファミリーマートがあり
店内で熱くなってる体と心を冷ます。。
アクエリアスで栄養分を補給し先へ進む

この後しばらく進むと両サイドが竹林になり
遥か高い頭上も笹の葉が覆うような感じ

一気に体感温度が下がり
ひんやりした風がとても気持ちいい。。
足腰の疲労感が軽減化され
高速回転でのサイクルでスピードがマックスになる。。。



『これがマイナスイオンってやつだろうか???』



このスポットが今日一番よかった。。

地元地区の人たちと
この区間のサイクリングロードを通る人たちしか知らないだろう。。。


残暑残るなかでも
初冬を思わせるひんやりした美味しい空気

自転車を止めデジカメを手にしたが撮らなかった。。
何となく撮らなかった。。



山鹿と植木の間ぐらいから
私の下腹部が自己主張してくる。。

セブンイレブンがあったので下腹部の主張を抑えることもできたが
かなり迷ったあげく漕ぎ続けることで
下腹部の主張を聞こえなくできるかもと判断し漕ぎ始める

その後

自分より年輩のロードバイカーと何度かすれ違い
お互い会釈しあう。。

kikuchi
これは菊池川かな??

『学生の頃はここの川下りをやったな~』

『ん?俺あの活動に参加してなかったような。。。』

『いや、参加してた?でも、あれは球磨川だったような。球磨川での川下りは覚えてるし。。』


など思いながらも
下腹部の主張は
訴えてくるスパンが短くなってくる。。

私『』

私『俺はお前には負けんゾ!!』
下腹部『うるせーよ!!、どっちなんだよ??』
※下腹部は上から目線で高圧的だ・・・
震えながらも私『落ち着けよ。おれのリュックには非常事態も想定したものがある!!しかも俺は探検部出身だッ!!いざとなればお前の子供を地面に叩きつけることもできるんだぞッ!!』
下腹部『マジかよ・・・』
震えながらも私『もう少し冷静になれよ・・・。俺が冷静じゃないから』


先を急ぎ


山鹿に到着~


山鹿の水辺プラザを到着点にする。。

この頃から下腹部は従順になる。。


【山鹿~菊池~合志~熊本】

水辺プラザを出発したが

菊池市に入り
私のあとに水辺プラザを出発したロードレーサーに
『あッ!!』という間に抜かれ
すぐに見えなくなる・・・


自転車のメーカーは見れなかったが
結構本格的なロードバイクでかなり鍛えてる足腰だったな。。
それにしてもあのロードバイクはかなり格好よかった!!

少なくともハマーとかルノーとかではなく
キャノンデール、トレック、アンカーとかだろう。。

まあ白主体でスピード感があったな。。



話を戻して、、


この区間が一番苦しかった・・・

大津町まで行くことも考えたけど
水辺プラザをスタートした時点で
もはやそれだけの力が残ってないことを察知し・・・


菊池から合志へのルートを選択



ただ

サイクリングロードでないため坂が多く
下り坂はよいとしても
上り坂を漕ぎ続ける体力はもはや残ってない・・・

ギヤを数段落としても耐え切れず
上り坂で2度ほど自転車を降り押して歩いた。。。

自転車を押して歩きながら

『限界だったのか?本当はもう少し頑張って漕げたのでは??』
『いや、本当に限界なんだ。。』

などの自問自答。。。


足腰だけであればもう少し漕げる力はあったと思う。。

だが、、、


お尻の痛み(傷み)が結構きつかった。。

私自身は痔持ちでないが


地面からの振動?
あるいは自転車に乗りなれてないから
お尻への摩擦が影響してるのか?
マウンテンバイクでの長距離だからかも知れない?

とにかくサドルに座るだけでイタイ状態・・・


昼食タイムをはさんでも走行スピードは落ち続け
もはや力のあるサイクルは難しい。。

立ち漕ぎを交えながら
何とか熊本市内に入り
街中をさまよいながら13時30分に到着・・・・



事前準備なしで山鹿まで往復できたことは自信になった


けど

やはりマウンテンバイクでの長距離走は厳しいと体験した
本気でロードバイクが欲しくなった

さらに

出発前は石田ゆうすけ氏のように『世界一の風景を見つける』
とまではいかないが

自分なりに気に入った景色をデジカメに収めようと思ってた、、

結果として
まだ元気だった往路で2枚何となく撮っただけに終わってしまった。。

疲労をどう解消するかで精一杯のロードだった・・・


ちなみに植木で撮った1枚はサイクリングコース上なので
自転車か歩きで行かないと見れない風景。。。

と思ったが、、


写真撮る前に何となくエンジン音が近づき
軽トラのオッチャンが『ゴメンよ~』と横切る・・・・


サイクリングロードと
地元の方々だけが使う農道が交差しているとこだった。。
スポンサーサイト

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どうでもいいが、選手権の組合せをアップしては?

アホな旅行記はいらないんだとよ(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

深夜1時や2時にコメントを書き込む人がいるんですね…

更新通知はどうやってするんですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最近はどんなブログにおいてもコメント者の質が落ちてきていますね。
まずはこのブログが大津の事を細かに伝えて当然と皆勘違いしているのではないでしょうか?


これからも一個人のブログとして楽しく拝見させてもらいます。
更新頑張ってください

どこの高校も、選手権に向けて、コンディションの調整中でしょうか。
いい試合をやってほしいですね。

国体の少年男子一回戦は宮城県代表に6-2で勝ったみたいですね

ブログの読者は知ってるかと思いますが一応大津の組み合わせを記載しておきます。

全部書くと大変ですので恐縮ですが準々決勝から毎回上位進出される高校のみの記載とさせていだだきます。

一回戦
シード

二回戦
荒尾、八代南の勝者

三回戦
玉名、御船、済々、球磨工の勝者

準々決勝
秀岳館

準決勝
学付

決勝
熊商、国府、ルーテル

となっております。

因みに会場は
三回戦まで
大津のグラウンド

準々決勝
山鹿カルチャーセンター

準決勝
県民総合運動公園補助競技場

決勝
県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)

が会場となってるみたいです。

長文失礼しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

もりけん

Author:もりけん
大津高校サッカー部のファンです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。