スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを頂いた方へ

コメントを頂きありがとうございます。。




120人に及ぶ部員数を持つ大津高校において
Aチームにいるためには厳しい戦いがあると思います。。


私は大津高校サッカー部を1つの組織として、、
もっと自分なりに考えれば
120人の従業員がいる会社という風に考えることがあります。。


監督が120人の部員に対し
直接接する機会は少なくなるでしょうし
監督ができない部分をケアしていくためにコーチがいるのでしょう。。


※でも監督は以外と選手たちをきちんと見てると思います・・・


平岡監督の大津高校は攻撃サッカーであり
攻守において相手ゴールがどこにあるかを常に意識するプレーが大事です。。

さらに

FWだろうとDFだろうと
常に選手達には前向きに戦う姿勢を求めていると思います。。
公式戦においては対戦相手に『勝つ!!』という気持ちでしょうか。。
試合において弱気なプレーの選手に対しては
指示をしながら
必要であれば交代させるケースもあります。。


練習や練習試合においては解りませんが・・・

選手達のレギュラー争いは熾烈だと思います。。。





自分の立場を考えずの上から目線の更新でした・・・
スポンサーサイト

プーマ杯in大津

昨日の昼前にルーテル関係(上司ではない)の方から連絡がありました

高速運転してて携帯に出れなかったため
目的地に着いてから折り返し電話すると


ル『ルーテルと大津の試合見たや?』

※こんな感じ

私『は?何の試合すか?』

※返事をしながらプーマ杯の事だろうと思う

ル『なんか、今ありよっどが。』
私『プーマ杯っすか?』
ル『なんかは知らんタイ。俺は後半からしか見とらんばってん、大津が1-0勝ったばい。』
ル『おまえが知らんでどぎゃんすっとや。おまえのブログに載せなんタイ。』

私『ところで大津の得点は何番だったっすか??』
ル『よう解らんタイ』

私『内容はどぎゃんだったですか?』
ル『んー、ルーテルも攻めよったばってんねー』

私『他にはどぎゃんチームが来とったですか?』
ル『あんま解らんばってん東京朝鮮とかおったゾ』

私『観戦者はどんぐらいおったですか?』
ル『んー、全部で40人ぐらいかな』

ル『ばってん、やっぱルーテル×大津は面白かゾ』



昨晩ネットで検索したら

赤い彗星の東福岡ブログに載ってた。。

おおお~~、大津優勝じゃん!!



公式戦ではないが大会優勝は素晴らしい!!


それにしてもルーテルは仕上がってきてるなー。。

学園大付も新人戦の頃よりかなり強くなっている。。


今年の選手権予選も大津高校にとっては厳しい戦いになりそうだ。。

ロアッソ熊本

カレン・ロバートがジュビロ磐田から
ロアッソ熊本へ移籍することになった。。

カレン・ロバートは高校サッカー時代から見たことがある。。

J1リーグでの得点:29
ナビスコ杯での得点:5
天皇杯での得点:5
国際大会での得点:2


ロアッソ熊本は第17節が終わった時点で


7勝 4負 6分

順位:6位

得点:12位
失点:9位
得失点差:13位

接戦に持ち込めるのは当然になり
そのなかで勝点を取れる強さが去年とは違い

去年までは負けてた試合を引き分けに
引き分けだった試合を勝ちにもっていく点は素晴らしい

ただ、一方で、、

未だ2点差、3点差をつけて勝てるチームではなく
疲れのピークであったろうがアビスパ戦の大量失点もあり

上位にいながら得失点ではマイナスである



1月31日までの期限付きという移籍

ロアッソ熊本としても
カレン・ロバートとしても

勝負だし

ロアッソ熊本のこれまでの攻撃陣としても勝負である。。

1年生大会

第31回熊本ライオンズカップ高校1年生サッカー大会

8月9日(月)~12日(木)


大津、鎮西、秀岳館、熊本国府、文徳、学付、玉名工、宇土、東海二は
AチームとBチームの2チームが出場
それに
今年からはロアッソ熊本ユースが参戦


詳しくは熊本県サッカー協会のHPを参照ください


大津高校のスケジュール↓

【8月9日の3チームによる予選グループ】

場所:東稜高校グラウンド

10:45 大津高校A×マリスト学園
15:45 大津高校A×天草工業


場所:大津高校グラウンド

10:45 大津高校B×球磨工業
15:45 大津高校B×開新高校


1年生大会の観戦は久しぶりなので楽しみです!!

今回も買ってしまった

石田ゆうすけの単行本を買った

喜久屋書店に行ったら新しい文庫本があった

ハードカバーで読んでたから

同じ内容だったら買わない。。。

という自分なりの考えももっていたが、、


文庫版化にあたっての文章を見たら

文庫本を出すにあたって内容を多少変えたらしい


じゃあ買おう!!



彼は大学卒業し2年ぐらい大手食品メーカーに勤務
その後、高校時代に日本一周をとげたあと順調に進学
大手食品メーカーに就職しながらもすぐに退職し、
8年間弱かけて自転車での世界一周に挑む


他にも同じような経験を書いた本はあるけど

そういう本を見たのは彼のが初めてだったこともあり

見たくなるんだよな。。

プリンスリーグ総括2

今年は2年ぶりに
大津高校のプリンス全試合を観戦できた。。

全ての試合を観戦し改めて感じたことは
ベンチにいる選手達の重要さ



数年前に
サッカー素人の私は当時の先輩に教えてもらった


『サッカーの試合においてGKは最低2人必要だぞ!!』



GKに限らず
11コのポジション全てにおいて控えの選手が必要なんだってことを最近感じた。。



フィールドの選手の怪我や退場、、
若しくは厳しい展開のなか流れを変えれる力を持ってる選手達が
チームとしては揃っていないといけない。。

複数のポジションを兼務できるからこそイザという時のために
その選手が控えにいないといけないというケースもあると思った。。


いずれにしても約120人いる大津高校サッカー部において
Aチームに所属するのは厳しい戦いがあると思う。。

ただ、、

きれい事かも知れないが
一生懸命サッカーに打ち込んだ経験は
5年後、10年後で岐路に立ったときに活かされると思います。。





このブログで大津ファンの方に発信できるのは僅かであるが
伝えられることを少しずつ広げていかなければと思う。。





5つの会場で行われたプリンスリーグの会場↓


【ベストフィールド】

大津町運動公園(競技場)

このグラウンドの整備は国立競技場並みと聞いたことがあり
さらには大津町のグラウンドということで



【ベストロケーション】

鹿児島ふれあいスポーツランド

多目的な広場であるがグラウンド状態は比較的に良く
高台に立地しているため
駐車場から反対側のサイドからの眺望は気持ちが良い



【間近で見れる!!】

福岡フットボールセンター、島原市平成町多目的広場

福岡は人工芝、島原は多目的広場で芝生ながらややデコボコが目立つ

どっちもサイドラインの近くから観戦できるため
目の前での激しいプレーが見れ
『サッカーは格闘技!!』と言われている理由がわかる


【西都市のJAにて】

西都市清水台総合多目的広場

数年前に行ったことがある会場だが寸前で解らなくなってしまい
西都市のJAが運営している物産館で道順を聞いた

親切に対応してくれ
そこで買ったイナリと蕎麦の弁当がえらい美味かった
翌日も買って会場で食ったし・・・


いずれの会場も高速のインターから比較的に近いし
福岡に関してはJRに乗って歩いて行けるから便利である。。



各大会において見かける人がいるのも楽しみであろうか。。

最終節の高木監督や水沼さんなどだったり

確か開幕の1戦か2戦ではロアッソの池谷さんを見かけたな。。

あと、アビスパユースの宮原コーチも印象的だった。。

選手権2連覇したときの東福岡はめちゃくちゃ応援してたしね。。

『この人があのループシュートを決めたんだ!!』みたいな。。



同じように平岡監督も帝京高校時代に全国制覇

『この人が決勝点となるFWの前田に合わせるフィードを入れた選手なんだ!!』みたいな。。


んんんー、、、、

やはり私はこれからも暫くは高校サッカーが一番であり
そのなかでも大津高校サッカー部のファンをやめられそうにないな。。。

プリンスリーグ九州1部 総括①

アンチファンからの不本意な投稿があるため
コメントの公開はこれまで通り承認待ちの状態を保ちたいと思います

で、

私は

現在進行形として
アンチの方からのコメントには反応しないようにしています
人として一番残酷なことは自分の発言が無視されることだと考えているからです

コメントの内容によっては差出人について
ある程度の見当はつきますが・・・

まあ

こういった話も今日が最後です

以上




プリンスリーグ九州1部の最終順位

1.アビスパ福岡ユース
2.東福岡高校
3.大分トリニータユース
4.大津高校
5.日章学園高校
6.筑陽学園高校
7.鹿児島実業高校
8.鹿児島城西高校
9.国見高校
10.鵬翔高校
11.東海大学付属第五高校
12.神村学園高校


【得点ランキング】

4位 米良知記  7得点
8位 宮本清史朗 5得点
13位 若杉拓哉 4得点


【アシストランキング】

1位 吉川誠人 5アシスト
9位 佐藤寛貴 3アシスト
9位 車屋伸太郎 3アシスト
9位 宮本清史朗 3アシスト


ビックリなのは吉川君!!
同時1位が吉川君を含めて3人いるが
出場時間を考慮すれば圧倒的である。。




1位と2位のアビスパと東福岡は
来年から開催される東西リーグに出場します

よって

来年の九州1部は今年の3位~12位までのチームと
今年の2部で優勝した長崎日大と
2位の九国大付を加えた12チームでの戦いになります。。


過去2年のプリンスは
鹿児島城西と東福岡がそれぞれの年で圧倒してたので
今年の混戦はある意味新鮮だった。。


それにしても
2003年にプリンスリーグが始まり

※ユースチーム当初からの本格参加ではなかったので別として

九州1部の座を死守しているのは

東福岡、筑陽学園、東海大五、大津、鵬翔

この5チーム。。


どのチームもシーズン中盤以降において
降格圏内での戦いを経験したことがあるわけで、、

※年度が違えば出場している選手も違う、というのも承知。。


最近の九州チームにおいて
底堅いチーム力を維持している5チームと言える。。

そこに大津高校があることを一ファンとしては嬉しく思います。。


プリンスリーグ 最終節

場所:大津町運動公園 球技場
天気:曇り
ユニ:青、青、青


大津高校0-0神村学園


大津高校のスターティング↓

     9米良 10若杉
       8車屋
  17吉川     11宮本
       6中村
2遠山 4藤本 5植田 7佐藤
       1村越

交代出場:24村上、20井上、3成松、25豊川


大津
試合前のバックスタンド


円陣
前半開始前の大津高校


CK
前半の大津高校CK


MF
体勢を崩しながらも突破を図る車屋君


佐藤
サイドバックの佐藤君


試合後5
試合終了後、挨拶に向かう大津高校



結論から言えば
内容的には大津高校が6:4ぐらいで圧してたと思う。。


しかしながら


昨日の大津高校は
個々のプレーの精度が低く
そのため連携も今一つかみ合わない感じで


相手陣内へ攻め込むも
もう一つ深く切り込めてなかった気がしました。。



今年のプリンスリーグは4位で幕を閉じ
来年の東西リーグへの出場権を逃したけど

混戦のプリンスリーグ九州1部で
最後まで優勝戦線を争ったことは頼もしい限りですね


夏が終われば選手権の県予選が始まる!!

今年は関東で新年を迎えよう!!



ちなみに
昨日の大津高校×神村学園


ロアッソ熊本の高木監督や
サッカーコメンテーターで
現在は法政大学サッカー部監督の水沼貴史さんが観戦されてた。。


それにしても高木監督は

『体できゃーし男前バイ!!』

最終節 試合終了

大津高校0-0神村学園(前半0-0)

1年生大会

熊本ライオンズカップ高校1年生サッカー大会

8月9日(月)~12日(木)

平日開催か・・・


夏季休暇を1年生大会に合わせて取るか!!




U-17日本代表メンバー(第14回国際ユースサッカーin新潟)

DF 植田直通(熊本県立大津高校)


沢山の刺激を受けて
多くのものを吸収してきて欲しいね!!

プリンスリーグ第10節

アンチ大津の方と思われるが
未だにコメントを寄せてくれるので
もう暫くコメントの制限をさせていただきます。

色々あれどアクセス件数が増えることは確かであり
ブログのアクセスが増えれば
大津高校サッカー部のさらなる認知アップに繋がり
さらには私個人としてもマイナスになることはないので・・・


公式戦での前半開始時点での選手名やポジションは
これまで通り掲載したいと思います。。

対戦相手チームに対し情報をさらすことにはなりますが
相手チームをビデオ撮影し偵察するのは
今や当たり前になっているので・・・


プリンスリーグ第10節

場所:昨日と同じ
天気:曇り
ピッチ:水を含んでおり、多目的広場なだけに芝生であるがややデコボコが目立つ。
ユニ:白、白、白


大津高校1-2アビスパ福岡Y(前半0-2)

得点:若杉


大津高校のスターティング↓

     9米良 10若杉
       8車屋
  11宮本     15笹嶋
       6中村
3成松 4藤本 5植田 7佐藤
       1村越

交代出場:17吉川、2遠山、19番



試合全体としては互角だった気がする

大津としてはチャンスの場面で決められなかったとこだろうか・・・


fk
大津高校、前半のFK
惜しくもバーに嫌われ先制ならず



wa
後半開始前の大津高校
後半の大津はかなり気合い入ってた

ピッチ上で選手同士が一触即発になる場面もあった。。

本気で戦ってるからこそ起こりうることであるが
互いの選手が熱いなかでも冷静な部分を残していたんだろう

事なきを得た。。


df
後半の大津高校
何となく撮った1枚


総括すると

やはり互角の内容だったと思う

いずれにしても
最終戦を残して大津高校の優勝はかなり厳しいものになった。。


大津高校が高円宮杯出場をゲットするための優勝条件は↓

・大津高校×神村学園で大津が勝つこと
・アビスパ×トリニータでトリニータが勝つこと
・さらにトリニータがアビスパに勝った点差+6の得失点差で神村学園に勝つこと

※アビスパが勝つか引き分けるかで大津の優勝はなくなる

単純な確率で言えば上記2つの条件で10%強ってとこだろうか
さらに得失点差を含めると・・・



プリンスリーグのパンフによると上位2チームは
来年から開催される東西リーグの出場権を得るとのこと

大津が2位になるための条件は
多く枝分かれするので皆さん考えてください↓

現時点での順位

1.アビスパ福岡 20 7(20、13)
2.大分トリニータ 17 10(28、18)
3.大津高校 17 4(24、20)

※左から勝点、得失点(総得点、総失点)
※順位決定の基準は、勝点、得失点、総得点、当該チームの対戦結果、抽選の順です

大津高校としては
まず勝たないといけない

最終節で負けると得失点差の貯金も少ないため大幅に順位を落とすこともある


最後まで大混戦のプリンスリーグ最終節は今後の土曜日



プリンスリーグ最終節

7月10日(土)

大津町運動公園にて

メインスタジアム
12:00 大津高校×神村学園
14:20 筑陽学園×東海大五

競技場
12:00 大分トリニータ×アビスパ福岡
14:20 鹿児島城西×鹿児島実業

多目的広場
12:00 東福岡高校×国見高校

宮崎県総合運動公園ラグビー場
11:00 日章学園×鵬翔高校



※先日の大津魂さんのコメントにもあった通り
土曜日のフェリーの帰り便では
島原でキャンプを終えたロアッソの選手達も乗ってました。。

西や松橋を間近で見た。。

プリンス第10節 試合終了

大津高校1-2アビスパ福岡Y(前半0-2)

得点:若杉

プリンスリーグ第9節

場所:島原市平成町多目的広場B
天気:曇りのち雨
ユニ:白、白、白


大津高校2-1大分トリニータY(前半0-0)

得点:15笹嶋、10若杉


大津高校のスターティング↓


     9米良 10若杉
       8車屋
  17吉川     15笹嶋
       6中村
3成松 4藤本 5植田 7佐藤
       1村越


交代出場:11宮本、14田中



前半は互角の展開ながらも
得点を匂わせるチャンスは大分が多かったような。。。


後半に入って試合が動く

後半の大津は動きが良くなる。。

運動量で相手チームを上回り
ボールに対する寄せも早く
徐々に大津が中盤を制するようになる

※ボールを待つのではなくボールに向かっていく感じだ!!


そして、、

右サイドでボールを受けた笹嶋君がドリブルで切れ込み
相手選手をドリブルで数人抜き去った後にシュート!!!


大津が先制するも直後に失点・・・


ところが、、

大分のCK

大津がクリアし車屋君からの素早いカウンター
宮本君を経由し再び車屋君へ
左サイドから中央へクロスを入れ
若杉君の見事なダイビングヘッドが決まる!!


このカウンター攻撃は完璧だった!!

若杉君は得点後に大きくジャンプしガッツポーズ!!
私も思わずガッツポーズ!!


鳥肌がたつぐらい完璧だった!!


その後も大津ペースで試合が進み
決定的な場面が幾つかあったが追加点には繋がらず試合終了。。


今日の勝ちは大きい!!



第9節終了時点↓

1.アビスパ福岡Y 17 6(18、12)
2.大津高校 17 5(23、18)
3.大分トリニータY 14 8(24、16)
4.日章学園 14 7(20、13)
5.筑陽学園 14 4(23、19)
6.東福岡高校 13 0(17、17)
7.鵬翔高校 13 -3(15、18)
8.鹿児島城西 12 -2(16、18)
9.国見高校 10 -3(12、15)
10.東海大五 10 -8(16、24)
11.鹿児島実業 9 -3(10、13)
12.神村学園 8 -11(12、23)

※数字は左から勝点、得失点差(総得点、総失点)


明日は13:20に同会場で

大津高校×アビスパ福岡Y


大津は勝てば
最終戦引き分けでも優勝が決まる

逆に負けると
最終戦に勝っても他チームの結果次第

プリンス第9節 試合終了

大津高校2-1大分トリニータY(前半0-0)

得点:笹嶋、若杉

プリンスリーグ再開

プリンスリーグ九州1部
第8節終了時点

※プリンスリーグ九州の公式サイトより

1.大分トリニータY 14(23、14)
2.日章学園 14(19、11)
3.筑陽学園 14(21、16)
4.アビスパ福岡Y 14(17、12)
5.大津高校 14(21、17)
6.鵬翔高校 12(14、17)
7.鹿児島城西 11(15、17)
8.東福岡高校 10(14、15)
9.国見高校 10(12、14)
10.鹿児島実業 8(9、12)
11.東海大五 7(14、23)
12.神村学園 7(11、22)

※数字は、勝点(総得点、総失点)
※優勝チームは高円宮杯への出場権を獲得、下位2チームは2部の上位2チームと入れ替え


残り3戦で
大津、トリニータ、アビスパ
この3チームは互いの直接対決を残している

福岡勢と鹿児島勢は
残りの試合で同県チーム同士の対決を多く残している

鵬翔もトリニータ、日章との試合を残している


過去2年においては
1チームがダントツで抜け出す展開だったが
今年のプリンス九州は史上まれに見る混戦



明日は島原で意地とプライドをかけた戦いがある

熱い1日になりそうだ!!

ワールドカップ5

日本代表は惜敗したが
戦前の予想を覆すを感じさせる大会だったと思う。。

日本は残念ながら
身体能力や個々人のスキルでは
欧州、南米、アフリカなどのチームにはやや劣るだろうが

代表に選ばれた選手達の
共通理解による組織力に関しては
間違いなくトップクラスだったと思う




アルゼンチン

優勝して欲しいと思う

何となく

監督を中心として
皆がアルゼンチンのサッカーを愛している感じが伝わってくるし
チーム全体が一つの家族のようだ

グループリーグ初戦をTVで観戦したときは
メッシの活躍によってチームの結果が大きく左右されるような印象だったが
メッシだけではない強さを感じます

それにしても
メッシのプレーには魅かれるな



スペイン


スペインはいつの時代も無敵艦隊とか言われながら
前評判のわりに優勝経験はない

が、、

やはり、、

スペインの連携あるパスワークには魅了されるな



準決勝でアルゼンチン×スペインを見たいな!!
プロフィール

もりけん

Author:もりけん
大津高校サッカー部のファンです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。